デリケートゾーンの黒ずみを美白にする簡単な対処方法

デリケートゾーンの黒ずみを美白にできる? 具体的な方法

多くの人が口コミで目にする方法として重曹や塩ヨーグルトなどでデリケートゾーンを洗うと白くできるというものです。

重曹や塩などで黒くなってしまった部分を白くすることができるかという点についてですが基本的に黒くなってしまった部分を美白にすることはできません。

重曹や塩に効果があるという噂は基本的にお掃除や洗濯などで使われていたり、塩素と言うと非常にイメージがあることから塩ならば白くできるかもしれないというイメージで広まったようです。

ヨーグルトも黒くなってしまった部分を美白にすることはできません。しかし、ヨーグルトから取れるホエイはお肌を健康的な状態にするための成分として良いものが多く含まれています。

デリケートゾーンの黒ずみ どうしてできるの?その原因について

デリケートゾーンの黒ずみができてしまう原因の多くは刺激やターンオーバーの乱れが原因です。

デリケートゾーンと言って特に思いつく場所がVIOラインや脇の下などです。この部分は手足の付け根ですので人が何かの動作をすることで耐えず摩擦が起きている部分です。

その他にも生活によって黒ずみとなる摩擦は起きているものです。

お肌の刺激は日常生活でもよく見られます。例えばきついお洋服や下着などから受ける摩擦。セルフ脱毛やケアがしっかりできていない場合の刺激です。

お風呂場でのゴシゴシ洗いなども。ターンオーバーの乱れも黒ずみができてしまう原因の一つです。ターンオーバーは一般的に28日周期と言われていますが年齢を重ねるごとに長期化します。

年齢を重ねると新陳代謝も低下するためどうしてもターンオーバーのサイクルが長期化してしまいお肌の中にできてしまった黒ずみがそのまま残ってしまい慢性的に黒くなってしまうのです。

さらに女性の場合は様々なライフイベントなどがありますのでターンオーバーはどうしても乱れがちになります。

ライフイベントとしてよく挙げられるのが結婚や出産育児などにかかるストレス、女性ホルモンの分泌の変化なども関わってきます。
ライフイベントのストレスなどはどうしようもありませんが普段から出来る刺激を減らすことで黒くなることをある程度防ぐことができます。

デリケートゾーンの黒ずみを美白にするためのおすすめの方法とは?

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法としてオススメなのが専用の美白クリームを使った方法です。

この方法のメリットとして自分のライフスタイルに合わせてコツコツとケアすることができることです。

専用の美白クリームを使う理由はもう一つあります。現在市販されている美白クリームの多くは医薬部外品として登録されているので使い続けることである程度は黒くなってしまった部分をご自分が持っているお肌の色に戻すことができます。

お値段はおよそ5000円前後で購入することができます。効果が実感できる時間はおよそ2ヶ月程度という口コミが多いです。

普段からできる対策と美白クリームを使った方法を合わせて使うことで効果的にデリケートゾーンの黒ずみを白くにすることができます。